今日のイチオシ海の幸はイチオシの概念を覆す二つ!!
関アジそして関サバ!!

IMG_1652

佐賀関で一匹一匹釣り上げられ、針を外して即船内の生簀へ収納。
漁港に入って値段がつけられるまでも生簀内で生かされ続け、水面から見たサイズ感で値付け、買い手が決まってから〆られて全国各地へ出荷されていきます。

この一連の流れで何がなされているかといえば、「人の手に触れない」の徹底です。

魚は変温動物なのでその体温は水温次第。
この10月中旬の大分県の平均海水温は22.7℃ということなので、変温動物である魚の体温もまあそれくらい。
人の体温の平均を36℃とした場合、大分にいる魚との体温差は13.3℃にもなります。
『水中にいる22.7℃の魚が36℃の人間に触られる』ということは、『36℃の人間が49.9℃の何かで体をがっつり掴まれる』というのと同じことになるので、それはまあ大変なことであろう、ということです。

50℃、それは気温であってもハエすら死滅する熱さ。

所詮魚だからまあ適当でオッケーでしょ、ということをしない。
関ブランドとはそういうことなのかもしれません。

そしてそんな魚が本日ハマヤマにありますよろしくお願いいたします。



————————————————-

本日の日替りメニュー

【オススメ!!海の幸!!】

スペイン産 本まぐろ
【イチオシ!】大分産 関あじ
【イチオシ!】大分産 関さば
鴨川産 金目鯛
三陸産 かつお
アイスランド産 ながすくじら



~お刺身~
・本まぐろ赤身 680
・関あじ刺orたたき 780
・〆関サバ刺 780
・金目鯛刺 780
・かつお刺orたたき 580
・ながすくじら刺 680

お得な盛り合わせもございます!!
◎刺身盛り合わせ
一人前 780
二人前 1,480
三人前 2,180

~揚げ物~
・本まぐろ竜田揚げ 680
・金目鯛の天ぷら 780
・かつおのガーリック揚げ 580
・ながすくじらの竜田揚げ 580

~煮物・汁物・焼物~
・かつおのハラス焼き 380

~そのほかいろいろ~
・関あじのなめろうorなめろう焼き 780
・〆サバとネギの酢味噌がけ 780
・金目鯛のカルパッチョ 780
・かつおのニンニク醤油漬け 580
・ながすくじらレアステーキ 680


【売切れ御免!!特売品】

・【激安!!】鶏皮ポン酢 280
・焼き牡蠣(3ヶ) 480
・わかさぎの南蛮漬け 380
・めひかりの天ぷら 480
・みそ田楽 380


【がっつり肉のメニュー】

・豚スペアリブのガーリックオイル焼き 580
・豚の角煮 580
・揚げ春巻き 480
・おつまみチャーシュー 480


【日替りサラダ】

・炙りベーコン生野菜サラダ 480


【今が旬!!野菜のメニュー】

・焼きしいたけ 480
・にんにく芽のピリ辛炒め 580
・トマトのカルパッチョ 480
・坊ちゃんかぼちゃの天ぷら 480


【ちょっとしたオツマミ】

・いかの塩辛わさび和え 280
・大判はんぺん焼き 380
・チャンジャ 380
・ひらめの骨揚げせんべい 180
・にんにくの丸揚げ 280


【焼魚】

・ほうぼう開き焼き 880
・あゆの塩焼き 380
・めひかり塩焼き 380


【季節のジェラート】

・大分かぼす 180


【定番地酒アルナシ】
(有る地酒 ○/無い地酒 ×)

・男山 生もと純米 600 ○
・田酒 特別純米 600 ○
・大正の鶴 特別純米 600 ○
・一の蔵 本醸造 500 ○
・墨廼江 限定純米 600 ○
・くどき上手 純米吟醸 600 ○
・出羽桜 吟醸 600 ○
・住吉 特別純米 600 ○
・久保田萬寿 純米大吟醸 1,500 ○
・久保田千寿 本醸造 600 ○
・〆張鶴 本醸造 500 ○
・八海山 本醸造 600 ○
・黒龍 純米吟醸 600 ○
・銀盤 純米大吟醸 600 ○
・天狗舞 山廃純米 600 ○
・姿 特別純米  600 ○
・真澄 純米 600 ○
・醸し人九平次 純米吟醸 600 ○


【売切御免の限定地酒】

・墨廼江 特別純米 ひやおろし 宮城 600
・而今 特別純米 三重 600
・鳥海山 純米吟醸 秋田 600


※その他定番メニューも多数ございます
※別途消費税を頂きます



カテゴリー: TODAY'S MENU BLOG

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください