昨日12月11日は胃腸の日。
1(胃)2(に)1(い)1(い)日で胃にいい日、とのことでした。
たまごボーロはいかがだったでしょうか。

「その語呂であわせるなら今日12月12日は『胃に…胃に…』の日で完全に胃をやっちゃった人の日だな」

「胃にいい日の翌日に胃をやっちゃった人の日があるのが胃にいい日に胃のケアしなかった人の末路感あっていいね」

などと考えながら市場から店に向かっていたのですが、ところが今日は表題の通り、日本蓄電池工業会が定める『バッテリーの日』。


なぜ今日が蓄電池としてのバッテリーの日なのかをまずご想像いただけますでしょうか。


…その想像、違います。


日本蓄電池工業会が定めたところによると、1は野球のポジションで投手を表し。
2はキャッチャーを表し。
二人そろってバッテリーなので。
12月12日は蓄電池としてのバッテリーの日だ!!!!!


とのことです。

なんて発想の飛躍、と思いましたがしかし。
蓄電池としての“バッテリー”という名前の由来はArtillery battery(砲台)から来ており、投手捕手としての“バッテリー”の由来もまた砲台から来ているため、砲台としてのバッテリーを間に挟むものの蓄電池としてのバッテリーと投手捕手としてのバッテリーの間に繋がりが全くないわけではない様子。

上のリンク先を読む感じ、砲台としてのbatteryは砲台そのものというよりもむしろ「砲台を構成するユニットもしくはグループ」という意味合いが強いふう。
日本でいえば、織田信長が長篠の戦いで鉄砲隊(砲台)を三つのユニットに分割し、「打つ」「狙う」「弾込め」の動作を順番に行うことで常時戦場に弾が飛ぶようにしたというアレ、の、“ユニットの部分”が“バッテリー”なのではないか。

蓄電池も投手捕手も「使う」「すぐ使えるように待機」「充電」の3段階に分かれていることを思えばまあ確かに鉄砲隊のユニットっぽいかも、ということで。

1212が投手捕手としてのバッテリーを表すのだから、12月12日は蓄電池としてのバッテリーの日、でOK!!

ガッテンいただけましたでしょうか。


わたしはぜんぜんです。


そんな今日のイチオシ海の幸は【神津島産 むつ】。
月曜で半額になる地酒は久保田千寿、八海山、大正の鶴で全て300円です!!



————————————————-

本日の日替りメニュー

【オススメ!!海の幸!!】

愛媛産 天然ぶり
愛媛産 真鯛
長崎産 真あじ
【イチオシ!!】神津島産 むつ
日本海産 あん肝
北海道産 殻牡蠣



~お刺身~
・天然ぶり刺 680
・真鯛刺 580
・真あじ刺orたたき 580
・むつ刺 680

お得な盛り合わせもございます!!
◎刺身盛り合わせ
一人前 780
二人前 1,480
三人前 2,180

~揚げ物~
・ぶりフライ 680
・真鯛の天ぷら 580
・むつの天ぷら 680

~煮物・汁物・焼物~
・ぶり大根 680
・真鯛カブト煮 380
・むつカブト煮 480

~そのほかいろいろ~
・ぶりハラス焼き 480
・ぶりカマ焼き 580
・真鯛カルパッチョ 580
・真あじのなめろう 580
・むつカルパッチョ 680
・あん肝ポン酢 480
・焼き牡蠣(3ヶ) 580


【売切れ御免!!特売品】

・【激安!!】聖護院大根の浅漬け 280
・かつおハラス焼き 380
・尾長/金目/真鯛のカブト煮 380
・めひかりの天ぷら 480
・はたはた唐揚げ 380


【がっつり肉のメニュー】

・豚バラと玉ねぎの串かつ 480
・手羽先餃子 480
・牛肉のたたき 680
・蒸し鶏 380


【日替りサラダ】

・自家製マグロツナ生野菜サラダ 480


【今が旬!!野菜のメニュー】

・炒り銀杏 580
・アボカドの天ぷら 480
・しいたけ焼き 480
・焼きたけのこ 380


【ちょっとしたオツマミ】

・鶏皮ポン酢 380
・にんにく丸揚げ 280
・大判はんぺん焼き 380
・チヂミ 380
・えんがわポン酢 380


【冬季限定・鍋!!】

・湯豆腐 1,000
・たらちり鍋 1,200
・かき鍋 1,300
・もつ鍋 1,200
・鶏ちゃんこ鍋 1,400
・豚キムチ鍋 1,300
・寄せ鍋 1,500

・〆ゾースイセット 200
・〆うどんセット 200


【焼魚】

・いか開き焼き 480
・よろいいたちうお開き 480
・いわし丸干し 280


【季節のジェラート】

・洋ナシ 180


【定番地酒アルナシ】
(有る地酒 ○/無い地酒 ×)

・男山 生もと純米 600 ○
・田酒 特別純米 600 ○
・大正の鶴 特別純米 600 ○
・一の蔵 本醸造 500 ○
・墨廼江 限定純米 600 ○
・くどき上手 純米吟醸 600 ○
・出羽桜 吟醸 600 ○
・住吉 特別純米 600 ○
・久保田萬寿 純米大吟醸 1,500 ○
・久保田千寿 本醸造 600 ○
・〆張鶴 本醸造 500 ○
・八海山 本醸造 600 ○
・黒龍 純米吟醸 600 ○
・銀盤 純米大吟醸 600 ○
・天狗舞 山廃純米 600 ○
・姿 特別純米  600 ○
・真澄 純米 600 ○
・醸し人九平次 純米吟醸 600 ○


【売切御免の限定地酒】

・満寿泉 純米吟醸 富山 600
・たかちよ しぼりたて 生原酒 新潟 600
・富久長 純米 広島 700
・東鶴 ひやおろし 佐賀 600


※その他定番メニューも多数ございます
※別途消費税を頂きます



カテゴリー: TODAY'S MENU BLOG

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください