魚丸

「魚丸」という名前の謎団子

魚のすり身団子の中に餃子の中身成分強めな肉味噌が入っているもの。
まさか肉が入っていると思わず驚いたものの、外の淡白な白身のすり身と、中のジューシーで甘辛い肉味噌の味がとても合う。


外の白身のすり身団子部分さえ再現できれば多分店で作れる。
白身団子部分にはほぼ味がなく、食感が柔らかいカマボコもしくは硬いハンペン。

中の肉味噌はニラとひき肉と甜麺醤で再現できるきがする。

好みで言えば外の部分はもう少し柔らかい方がよく、もう少し柔らかくすることでより中の肉と口の中で混じり、また、多分揚げても美味しくなる。


———————————————————————


ビーフン

次郎感

ビーフンの上にもやし、ひき肉、おろしニンニクを乗っけたやーつー。
全体の味付けは甘辛く、食べ終わってしばらく「なんだっけ、どこかで食べたことある味だけど」と考えていたが、さきほどマルちゃん焼そばの粉末と同じ味なことに気づいきました

これはなんか普通。
粉末焼そばの粉でビーフンを炒め、その上にひき肉もやし炒めとおろしニンニクを乗っけたおいしさ。
「店で出してみたい」感はあんまり無い。

宴会の〆とかに入れるといいかも


———————————————————————


ニラ餅と大根餅

持った瞬間に感じる歯に詰まる予感

パイ生地的な生地で包まれたニラ餡と大根餡の焼き饅頭。

皮が厚すぎ。
これはたぶんもっと美味しいところが存在する。

原価の都合でサイズに対する皮の比率が高い?
中の具を増やし、周りをやや薄めな外サクサクの中しっとりな皮にしたヤツがたぶん本来の形?

ただこれも店で出して見たい感は薄い。
方向性としておやつっぽく、ポジション的に肉まんと同じところにいるからではないか。

ファミマのホットスナックにあったら買うと思う。


———————————————————————


ティーマキアート

ハローオシャレさん

生クリームon午後の紅茶ストレート。
すごく美味しい。

でも原宿あたりに店を出して一年待たずに消滅しそう。
タピオカ系ドリンクと同い匂いのする飲み物。

そして今私の隣で悪い英国紳士みたいな人がまさにタピオカドリンクを飲み、そして飲み終わったやつをなおジュルジュルしている。
お前さては英国紳士ではないな!!そうとも我輩は悪い英国紳士!!

悪い英国紳士

結局、気質と気候に合わないものは深くは根付かない、ということではないか。
コーヒーの苦行感が日本人の気質に合い、しかもホットでもアイスでもイケたので日本で根付いたが、紅茶、特にホットの紅茶っていつ飲んだらいいのかわかんないし。


———————————————————————


さつまあげ

「さつまあげ」と看板に書いてあった

黒い四角い棒状のものがよもぎ餅の五平餅みたいなもので、あとはさつまあげと大根。

煮てよし焼いてよし揚げてよしのさつまあげ。

魚丸もそうでしたがやはりさつまあげは美味しいので、ひとまずハマヤマのメニューにさつまあげを本格導入します。

あとは「生での食べ方」と「サラダに合うさつまあげ」があればさつまあげ専門店としてかなり熱い。

さつまあげ美味しいよね


———————————————————————


前から気になっていたさつまあげに目線が行きがちなものの、全体にすごく勉強になります。

食べすぎて胃もたれがマックスなので一旦休憩し、夜は夜市で勉強させてもらいます。


カテゴリー: ひまつブログ

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください