エビになれなかった虫

画像の虫はワラジムシ。

河原などで大きめの石をどかすとわらっと出てくる、私の周りでは「便所虫」と呼ばれていた虫。

そして地上に進出している唯一の甲殻類です。


今日のオススメ海の幸は【羽幌産 甘えび】であり、おすすめの本来で言えば甘えびの素晴らしさを絶賛すべきなのですが、昆虫食の一般化を当面のライフワークとし、そのための鹿肉のメンチカツを開発し販売しようとしている私としてお伝えしたいのは「エビも虫も変わらずだいぶ気持ち悪い、でもエビはうまい」ということです。

海に住んでいるエビがいない世界に生きていて、仕事を終え、夜遅くに家に帰って、パッと電気をつけたら部屋の隅を甘エビが走り抜けて行ったらどうですか、ということ。

海に住んでいるエビがいない世界に生きていて、森の中を散策していてふと木陰を見たらそこで伊勢海老がゆっくりとヒゲを動かしていたらどうですか、ということです。

その気持ち悪さと怖さったらない。
事実陸上に生活する唯一の甲殻類、便所虫はだいぶ気持ち悪い。
しかしエビカニは「美味しいもの」として扱われている。


では昆虫とエビカニを分けるものは何か。
それは

  1. 食べやすさ
  2. 食感
  3. 演出
の4点かと思います。

エビもカニも殻が邪魔するため、食材の中ではかなり食べづらいものの、食べづらいなりに殻さえ取ってしまえばつるりと美味しく食べられる、という人類に対しての配慮が見られる。

また殻さえ取ってしまえば「虫を食べた時に想像される、殻と身が口中で混在して奥歯の隙間に何か挟まる感じ」はない。

味については旨味たっぷりで言わずもがな、美味しく食べられたいという種としてのドMぶりが光る逸品。

そして何より「めっちゃ美味しいもの」として世の中に扱われている、ということが昆虫とエビカニを分ける最大の要因です。


昆虫食を一般化させるステップの中で、1〜3は探求や工夫など努力カテゴリの問題だと思うのですが、4については昆虫食の先駆者がマジ馬鹿すぎて論外なのです。

セミをセミのまま油で素揚げて「ピーナッツバターみたいな味がして美味しい!!」で共感してくれる普通の人なんてこの世にいねえよ!!今すぐやめろ!!
ゴキブリをタッパに入れて可愛がった上に生でかじって「美味しい!!」ワケねえだろ気持っちわりーんだよ!!今すぐやめろ!!


食材は食材としてステキビジュアルで撮られてこそ美味しく演出されるのであって、屠殺直後の眉間に一撃入れられた松坂牛の写真をみて「うわー美味しそう」と思う人間はサイコ野郎以外の何者でもありません。

真剣に昆虫食に取り組んでいる日本昆虫食学会的なところから「サイコ昆虫食アピールで承認欲求満たしていい気になんなよオタクども」という趣旨の発言がなされているこの問題ですが、さておき今日のオススメは甘えび。

人は美味しくさえあればビジュアルを無視できる。
ご来店の際にはエビを、ぜひ!!


ご予約はこちらから!!
03−6379−6970

————————————————-

本日の日替りメニュー

【オススメ!!海の幸!!】

壱岐産 天然ぶり
愛媛産 かんぱち
鹿児島産 むつ
北海道産 生たこ
羽幌産 甘えび
三重産 殻牡蠣



~お刺身~
・天然ぶり刺 680
・かんぱち刺 680
・むつ刺 680
・生たこ刺 580
・甘えび刺 580

お得な盛り合わせもございます!!
◎刺身盛り合わせ
一人前 780
二人前 1,480
三人前 2,150

~揚げ物~
・天然ぶりフライ 680
・かんぱちフライ 680
・むつ天ぷら 680
・たこ吸盤の唐揚げ 380
・甘えび天ぷら 480

~煮物・汁物・焼物~
・ぶり大根 780
・かんぱち大根 780
・むつカブト煮 380
・焼き牡蠣(3ヶ) 480

~そのほかいろいろ~
・ぶりカルパッチョ 680
・かんぱちハラス焼き 380
・むつカルパッチョ 680
・生たこカルパッチョ 580
・甘えびカルパッチョ 480


【売切れ御免!!特売品】

・【激安!!】真鯛カブト煮 280
・大羽いわしフライ 380
・ハムエッグ 380
・鶏皮ポン酢 380
・たこ吸盤の唐揚げ 380


【がっつり肉のメニュー】

・おつまみチャーシュー 480
・甲府鶏もつ煮 480
・豚キムチ炒め 680
・麻婆豆腐 680


【日替りサラダ】

・オニオンフライシーザーサラダ 480


【今が旬!!野菜のメニュー】

・焼きたけのこ 480
・聖護院大根揚げおろしポン酢 480
・焼きそら豆 480
・にんにく丸揚げ 280


【ちょっとしたオツマミ】

・赤いウインナー 280
・なめたけおろし 380
・サラミ 380
・いぶりがっこ 280
・大判はんぺん焼き 380
・黒はんぺん焼き 280


【冬季限定・鍋!!】

・湯豆腐 1,000
・たらちり鍋 1,200
・かき鍋 1,300
・もつ鍋 1,200
・鶏ちゃんこ鍋 1,400
・豚キムチ鍋 1,300
・寄せ鍋 1,500

・〆ゾースイセット 200
・〆うどんセット 200


【焼魚】

・ぷりぷりいわし焼き 480
・銀シャケ西京焼き 380
・赤魚粕漬け 480


【季節のジェラート】

・ココア 180
・温州みかん 180


【定番地酒アルナシ】
(有る地酒 ○/無い地酒 ×)

・男山 生もと純米 600 ○
・田酒 特別純米 600 ○
・大正の鶴 特別純米 600 ○
・一の蔵 本醸造 500 ○
・墨廼江 限定純米 600 ○
・くどき上手 純米吟醸 600 ○
・出羽桜 吟醸 600 ○
・住吉 特別純米 600 ○
・久保田萬寿 純米大吟醸 1,500 ○
・久保田千寿 本醸造 600 ○
・〆張鶴 本醸造 500 ○
・八海山 本醸造 600 ○
・黒龍 純米吟醸 600 ○
・銀盤 純米大吟醸 600 ○
・天狗舞 山廃純米 600 ○
・姿 特別純米  600 ○
・真澄 純米 600 ○
・醸し人九平次 純米吟醸 800 ○


【売切御免の限定地酒】

・一白水成 袋吊り生原酒 秋田 600
・東鶴 純米おりがらみ 佐賀 600
・庭のうぐいす 特別純米 福岡 600
・飛露喜 特別純米生原酒 福島 600


※その他定番メニューも多数ございます
※別途消費税を頂きます



カテゴリー: TODAY'S MENU BLOG

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください