毎週月曜日は地酒3種半額!!!

今日半額になる地酒は【一の蔵】【〆張鶴】【男山】の3種、前2種が¥300、男山が¥350!!

安いぞ!!

と、いうことですが、若者には基本的に人気ねえな月曜日、ということでもあります。
わりとご年配の方に人気。

種類ありすぎマニア向けすぎなのではないかと私は思う。
膨大な数の酒蔵があり、酒蔵の中にもブランドが何種類かあり、さらにそのブランドの中で吟醸から特別純米までランク分けがあり、ランク分けも各酒蔵で精米歩合に違いがあり、さらに発酵方法に山おろしや山廃があり、生酒や原酒、ひやおろしや熟成などがあり。

「酒蔵」×「ブランド」×「ランク分け」×「火入れの有無」×「出荷時期」とかそんな感じでパターンがあると思うのですが、国内で一万種類とか超えるのではないか。

その膨大な数を前に尻込みするところに加えてなんとなく「日本酒飲むからには通であれかし」という自意識そして他者からの目線が働くため、迂闊に「獺祭」とか「久保田」とかに手を出せない。
メジャーどころに手を出したら同行者に「あ、獺祭ね、いいよねー」というコメントをされる危険がある。
その意味するところは「ミーハーキッズはメジャーがお似合いだね」ということ。

「どの酒が好き?」という質問に対して「ビールが好き」「ウイスキーが好き」「サワーが好き」くらいの広いカテゴリーで「地酒が好き」であってもいいと思います。
「地酒が好き」と言った瞬間に「え、(銘柄と精米歩合は)どれが好き?」と聞くのを止めよ、ということそれが地酒の未来のためではないか!!

細かい!!!!めんどくさい!!!敷居が高い!!!
今「敷居が高いは誤用だけどな」と思ったそのスタンスがまさに危険!!!
ふわっとゆるく楽しみたいなら細かいところはどうでもいい!!!


ということで、今日の3種はお安いところかつメジャーどころです。
ビールでもサワーでもウイスキーでもなく、大きく「地酒」というカテゴリーでぬるくお楽しみいただければと存じます。
細かいところを楽しみたい方にはこれらの他に15種類の地酒がございますので、そちらはそちらとしてぜひ。

お待ちしてます!!




——————————
開店 17:30
閉店 24:00
(ラストオーダー 23:00)
定休日 木曜
ご予約はこちら!!
———————


————————————————-

本日の日替りメニュー


【季節のジェラート】

・ココナッツ 180
・パイナップル 180


【売切御免の限定地酒】

・国権 純米生原酒 福島 750
・赤武 純米 岩手 750
・花泉 熟成生原酒 福島 750
・花巴 山廃純米無濾過生原酒 奈良 750


※その他定番メニューも多数ございます
※別途消費税を頂きます



カテゴリー: TODAY'S MENU BLOG

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください