これまでの取り組みはこちらからご確認いただくものとし、羽化した成虫を用いていよいよ自家繁殖を始める所存。

それに当たって本日することはオスメスの分別。
オスメスの数と比率を変えた同サイズのケースをいくつか作り、どう振り分ければ効率よく繁殖できるかを探るのです。

オスとメスの違いはアゴの形(ネット情報)。
正面から見たときに上顎がU字に欠けて見えるのがオス、欠けていないのがメス。

繁殖争いの際にガツンと噛み付けるようになっているのがオスで、特に噛み付く必要がないのがメスということと思われる。

正面から虫眼鏡で見て


顎がU字に欠けているのがオス


欠けていないのがメス


「これはメス」


「メスはこっちのケース」


「えっ」


「メスか…」




















食用昆虫はこちらで売る予定です。
今のところは鹿ジビエメニュー専門店。
飲食店さんからのジビエメニューのご発注、お待ちしてます!!

珍食堂




まだサナギ化もしている

羽化も続いている

設備整ってきた





0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください