例えばバドワイザー、例えばヒューガルデン、例えば青島ビール、例えばクアーズなど!!

世の中にあまたビールはあれど!!

覚えようと思って何度も飲めばその味の違いなんて覚えられて当然やろがい何故なら違いが出るように作ってんだからサア!!!!


ということですが、いかがでしょうか。

違うものが違うとわかる、そんなものはビール通としてレベル1だ、ということです。

メーカーとして同じブランド内では全く同じになるように努力はしているがやはりちょっと違ってしまう、そんな些細な違いまで感じ取れてこそのビール通ではないのか。

私にはわからない

ちなみに私はビール通ではないどころかビールを飲まない、どころかそもそも普段は酒をほぼ飲みませんので、「レベル1とか言うお前はどうなんだ」と言われても「あ、はあ」としか答えませんのでよろしくお願いします。


さておき、昨日のひまつぶログでご提案した新メニュー【利きビール】ですが、実際のところ同じ銘柄ことサッポロ黒ラベル、生・瓶・缶で違いはあるのかわかるのか!!

店長、そして長老2人がチャレンジ!!

期待の長老

「これがさっぱりしてるね」
という心強い感想

地酒に詳しい店長

その場にいただけの私

がしかし!!

普通に失敗!!

誰も!!

誰一人!!

当てられず!!

失敗!!

圧倒的普通さで失敗!!


という結果に落ち着きました。

一長一短ありつつ3種確実に違うけど、どれがどれかは分からない。

それくらいの違いがあるともその程度の違いしかないとも言え、「だから飲み放題が瓶ビールだけでもそんなに気にしなくてもいいですよ」と言える玉虫糸の結論。

弊店にとって都合のいい結論になりましたが、本当にそれくらいのラインの違い、是非お試しいただきたく存じます。

あとは導入時にツイートしましたが、やたらビール分かってる感出して鼻につくあいつの鼻っ柱を、このメニューによってへし折れる可能性も高いので、それ目的でのご利用も是非。

「あ、普段ビールすごい詳しい感じだけど、缶ビールと生ビールはわかんないんだ。」

これで一撃です。

よろしくお願い致します。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください