日本初!!

自家養殖の昆虫食が食べられる居酒屋、居間居酒屋ハマヤマ!!


を、目指すブログ、早いもので育て始めてから2ヶ月経過

そしてその短いスパンの間に種幼虫の購入、サナギ化成虫化、交尾そして産卵とものすごくテンポ良く物事が進んでいるのですが、今回もまたテンポ良く!!

そしてついに!!

あっという間に!!

誕生、自家製の幼虫!!!!!

小さい

これまでサナギ化〜出産まで世話してきた虫は幼虫期をよそで過ごした虫なので、正直その過程で何を食べさせられたのか、どんな環境で育ってきたのかがわからず、自分はさておき人に食べさせられるものではなかった。

ですがしかし、このたびテンポ良く誕生したこれら虫はどんな環境で何を食べて育ったかが完全に追えるので、安心そして安全。

さらに言えば今のところパン粉とリンゴしか与えていないおとぎ話みたいなファンシーワームが商品化最有力候補。

「本場タイ直輸入の昆虫食が食べられる居酒屋」と比べて「オーナー夫妻がパン粉とリンゴで育てた昆虫食が食べられる居酒屋」の圧倒的キャッチーさそして安心感よ!!!

リンゴとパン粉と子虫

たとえその実態がやりすぎた毛穴スッキリパックみたいな感じだったとしても、このブログを読んでいない人には実態の気持ち悪さはわかるまい。

また、このブログを読み続けているヤバい人は多少気持ち悪くても多分一度は試す、ということはほぼ全人類が食べる昆虫それがハマヤマの昆虫食!!



温度や湿度そして床材ことパン粉の管理、エサやりをすごくきちんとしているためか、事前にネットで調べた養虫情報の倍ほどの速度で育成が進行しているため、当初予定では来春、桜の咲く頃としていたハマヤマ昆虫食の提供ですが、このまま順当に行けば2月末には提供が始められるのではないだろうか。

このままパン粉とリンゴだけを食べて育ったキティちゃんみたいな虫として提供できるのか。

それとも途中で肉や魚、卵の殻、粉末のカルシウムなどアンファンシーなものを投入する必要が出てくるのか。

提供に向けてまだまだ気が抜けない養虫事業、今後とも御期待のほどよろしくお願い致します。

また、本日店の奥側の宴会開始が21:30と遅いので、早い時間から20:30くらいまでの飲み会のご予約、お待ちしてます!!


食用昆虫はこちらで売る予定です。
今のところは鹿ジビエメニュー専門店。
飲食店さんからのジビエメニューのご発注、お待ちしてます!!

珍食堂




0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください