新卒で入社した会社の新人研修は千葉の山奥の開拓でした。

その会社のオーナーが買った土地の、荒れた農地で草を刈り、山に切り倒された丸太を皆で運び出し、刈り運び出した後を耕しそして道を作る研修。

確か3泊4日くらいの日程で行っており、その最終日にバーベキューをやっていた最中、オーナーが

「これ実は今日で終わりじゃなくてまだ後1週間あるって言ったらどうなるんだろうな!!」

「1週間後にまた『あと1週間』ってやったらどれぐらい保つんだろうな!!来年はそれやろうか!!」

と言っていたそれ、今まさに全世界がそんな感じなのではないか。

抜いて動いていたがためにグーでゴツンといかれる新卒もいたその研修ならさておき、大人になった今考える「終わりが見えない苦行」の正解はたぶん「頑張らない」だと思っています。
グーでごつんされる場合にはさっさと逃げ出して交番に駆け込むのが正解。

とはいえふと気をぬくと頑張ってしまうので、もっと気楽にやっていこうと思います。

「ランチとかやってみたら?」とかそういうことですね。
絶対やりません疲れるし!!!
お弁当も売らないよ疲れるし!!!

だらだらやるぜ!!!!

かつお食いねえ!!

ワードオブマウスさんの定食が好きでたまに行くけど、あそこはじめもうランチやってるところが常に満席で行き場がない、ということはないだろうからランチ業界に参入してもなんかあんまりお客さん来なくて虚ろな気持ちが残るだけ。

コモディイイダの横のいまタピオカ屋になってるかつての海鮮丼屋がわりと爆速で消滅したことを思えば、浜田山界隈に海鮮弁当需要はそんなに多くないそして富士そばの並びの鶏の唐揚げ専門店にも長蛇の列はできていないから、唐揚げ弁当にも相乗りできるほどの需要は無いつまりウチの弁当は大して売れない。

そういったわりとちゃんとした考えであっても今は待ちのとき。
そしてこの有り余る時間をもって昆虫食の研究を進めるのです。

すでに試食を繰り返している自家養虫の昆虫食。
カウンターに座った常連さんに無理やり食べてもらった評判は今のところ「意外に美味しい」「意外に美味しくて逆になんか言いづらい」「エビの味」「見た目を気にしなければかき揚げが美味しいと思う」「絶対に食べない」「いや味とかそういうのじゃなくて絶対食べないから」などかなりの好評。

コロナが終わった暁には即他の飲食店に出荷できる体制まで整え、建てるぞ虫御殿!!

今日のオススメは黒むつ・金目鯛・かつお!!

傾向的には三密どころか98疎くらいのソーシャルディスタンスがありますので、安心してご来店ください!!
虫を食べたい方は私か店長まで。素揚げで480円、エビと豆の味!!




——————————
開店 17:30
閉店 24:00
(ラストオーダー 23:00)
定休日 木曜
ご予約はこちら!!
———————


————————————————-

本日の日替りメニュー


【季節のジェラート】

・北海道産はちみつ 180
・ピンクグレープフルーツ 180


【売切御免の限定地酒】

・くどき上手 純米大吟醸 山形 900
・鍋島 生酒純米吟醸 佐賀 750
・写楽 純米吟醸 福島 900
・貴 純米 山口 700


※その他定番メニューも多数ございます
※別途消費税を頂きます



カテゴリー: TODAY'S MENU BLOG

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください