下の画像のような提案が上がっているようで

来るのか

従うならもう商売上がったりなので普通に休業、逆らうならいっそ通常営業の23時ラストオーダー24時閉店に戻すなど、それぞれの店が立地や客層、手持ちの現金とアフターコロナを睨んだアピールなど所持考え合わせて対応すればいいと思うのですが、その関連ニュースをはじめ各種ニュースでの「飲食店の声」を見ていると

「もう保たない」

をわりとよく見かけるかんじ、謎。

ハマヤマを例に出せば、持続化給付金で200万、家賃支援給付金で155万1,966円、都の自粛協力金でこれまで120万円、今回のでさらに40万円、そして以前このブログで書いた新型コロナウイルス感染症対策雇用環境整備促進奨励金がいずれ10万円、なので、計525万1,966円を「単純にもらっている」。

さらに、従業員やアルバイトを休業させたけど給料は出した時の雇用調整助成金、これは一回払ったものが戻ってきて行って来いなので微妙なラインですが、144万8,344円が振り込まれている。

さらに、今後を見越して3年無利子の無担保融資を550万円新たに受けているので、それがここまでのものに加わると、このコロナで入った現金は総額で1,220万310円。

今年の4月以降ちょっとビビるほどの赤字なので、それもバンバン減ってはいるものの、こんだけ優遇されてホントに保たないか?お客さんがこないから弱気になって適当なこと言ってないか?もしくは今以上の補助を引き出すために哀れを演じてないか?という気持ち強め。

3,4店舗以上を経営してる人はもうホントに大変だと思うのでどんどん愚痴を垂れるべきながら、大小問わず1,2店舗の経営者はそこまで追い込まれていないはず。

肌色の悪いでんすけ人形おじさんもほんとは「GOTOトラベルの移動で感染が広がるなら山手線の通勤で都内はもう終わってる、終わってないということは移動自体には問題ない、問題あるのはトラベルで行った先でツバを飛ばして飯食ってる奴らだ、引いていえばそれを受け入れてる飲食店こそが邪魔」と言いたくてしょうがないんじゃないか。

普通に考えて今の飲食業、完全に悪者。
よその業界のことはあまりわかりませんが、少なくとも飲食業にモノを売ってる業界は補助もなくマジでギリギリでやってる中、もらってるものがびーびー弱音垂れるのは違うんじゃない?と思います。

「コロナなんて若者には関係ねえよ、年寄りは家にこもって元気なもんだけで盛り上がろうぜ!!」の気持ちでお客さんが呼べて、今そのスタンスでアフターコロナも問題なく営業できるなら補助は受けずにその姿勢をガンガンアピールしてお客さんを呼べばよく、一方で「とはいえ若者だけが盛り上がってお年寄りが家から出られない状態も不健全でしょ、ここは赤字垂れ流しても収束目指して我慢だな」と思うなら補助をもらってギリギリどうにかやればよい。

弊店は完全に後者ですが、実際に来年半ばまでどうにかなるだろう程度の補助は受けているので、そっちのスタンスを取るならブチブチ言わずに覚悟を決めて耐えるほかないのではなかろうか。

この立地と客層でやっている以上、今はこのスタンスで行った方が得られる信用が大きく、アフターコロナでの回復力が強くなるはず、そこまで見越してあとは来年中にコロナが収まるかどうかの賭け、ダメならまあそれはそれでしょうがないね、という気持ち。


要点をまとめると「金もらってんならブチブチ言うなよ、お客さんが来なくてもしょうがないんだから気楽にいこうぜなるようにしかならねえよ」です。

あともし20時までに営業時間短縮されるなら休業するので、PS5の品薄解消してください。

そしてこの状況でこの業界に正義があるのは「気が滅入っちゃうから今日はちょっと外で食べようか」という少人数のお客さんの気晴らしになることくらいと思いますので、そのような機会にはぜひご利用ください。

コロナ対策として1組10名様までのご案内とさせていただいておりますが、その範囲内でのご来店お待ちしています!!



——————————
開店 17:30
閉店 22:00
(ラストオーダー 21:30)
定休日 木曜
ご予約はこちら!!
———————


————————————————-

本日の日替りメニュー



【冬季限定・鍋!!】

・湯豆腐 1,000
・もつ鍋 1,200
・かき鍋 1,300
・鶏ちゃんこ鍋 1,400
・豚キムチ鍋 1,500

・〆ゾースイセット 200
・〆うどんセット 200


【季節のジェラート】

・モンブラン 180
・洋なし 180


【売切御免の限定地酒】

・紗利 純米秋あがり 福井 700
・龍力 純米吟醸ドラゴン黒 兵庫 750
・初孫 生酛純米大吟醸 山形 800


※その他定番メニューも多数ございます
※別途消費税を頂きます



カテゴリー: TODAY'S MENU BLOG

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください