季節が変わりぐっと春めくなか、いかがお過ごしでしょうか。

予定通りまんぼうが終わっていれば本日より営業再開の運びとなるはずでしたが、私のなかではまさかの延長を重ねたため、弊店も休業を延長いたします。

ごちゃごちゃしてきた

今年4/1をもって9周年を迎えるハマヤマ、しかしうち2年はほぼ休眠。

7年で70%、10年で90%が閉店すると言われる飲食業界において、3/22の再開から1年保てば晴れて選ばれし10%の仲間入りを果たすことになりますが、雇用調整助成金と感染防止協力金で2年間をやり過ごした場合、先達と並ぶ選ばれし残り10%を名乗っていいものかかなり微妙なのではないかという気持ち。

体感としてはもっと全然生存率高いですが

そんでまた今年もこの卒業シーズンに入っていた貸し切りのご予約をお断りする連絡をこれからしなければならず、加えて1月末だか2月の頭に連絡がきたバイト希望の子にも休業が開けないと連絡してあげらんない。

そして元バイトキッズがこの受験シーズンにおいて大学進学を果たしているはずであり、実家から都内の大学に通学するなら土日のドリンクバイトに勧誘しようと思っているものの、店が開いてないゆえ小僧のお母さんと話す機会がなくて情報が入ってこない。

バイトが充実したら繁忙日のピークタイムだけキッチンにバイトを一人入れ、フードの提供スピードとクオリティアップも試みたいと思っているがそれも試せない。

昨年の休業中はまだオンラインFPSにハマっており、同じゲームをやってるお客さんと定期的にボイチャしながら遊んでいたためある程度人との会話があったものの、そのゲーム内でのランクを満足するまで上げてしまったゆえ「もういいかな…」という気持ちになり、ここ1週間で妻以外の人類と交わした会話は打ちっぱなしで顔馴染みのおじいちゃんとした「また休業してんすよ」「お客さんと会話ができないのが面白くないっすねー」というもののみ。

バイトキッズたちにおいては働かずともほどほどな収入が入ってくるため、自分の学生時代を思えば「最高かよ!!」ということかと思いますが、仕事が生活のベースとなっている年頃においてはそこまでいいことねえぞ休業。

まして私などにおいては自分の店を作る程度には「お客さんを笑わせるのが面白い」を生の軸としているため、休業に対する飽きが半端ない。


ということですので、コロナ早く終われ、ということで3/22(火)再開予定です。

まんぼうがどう、とか緊急事態宣言がどう、ということではなく、シンプルに「早くコロナ終われ」という気持ち。

国や都があれこれ言ってくるから楽しめない、ではなく、かかりやすい病気が流行ってる、という状況は気がかりが大きくて楽しみきれない。

ただまあ一方で楽しめる状況になればまだ結構色々やってみたいことあるな、というところで、再開後のご来店、お待ちしております!!


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください